妊娠希望の女性必見!いますぐ葉酸を摂ろう

葉酸って聞いたことありますか?私は妊娠するまで知りませんでした。でも葉酸って妊娠してからではなく妊娠する前から将来の赤ちゃんの為に必要な栄養素なんです。葉酸は葉野菜・牛レバー・豆類などに豊富に含まれる栄養素で、赤ちゃんの健全な発育・血液を作るという大切な役目を担うものらしいです。これが不足してしまうと産まれてきた赤ちゃんが貧血になったり神経管閉鎖障害が出てしまうこともあるようです。胎児の脊髄は妊娠6週ころにできてしまうので妊娠が分かってから急いで摂取しても遅いらしいのです。葉酸の存在や役割を妊娠前から知っているのといないのとではだいぶん違いますよね。

葉酸ってどうやって摂るの?

葉酸が大切だとわかっても一体どうやって摂取すればよいのでしょうか。主に葉野菜・牛レバー・豆類に多いと先ほど述べましたがもう少し詳しく調べてみました。葉野菜では①菜の花②ほうれん草③春菊がお勧めです。フルーツでは①マンゴー②いちご③オレンジが多いようです。私は妊娠してからあわてて摂取し始めたのですが妊娠初期がちょうど春だったので、おやつや朝食のフルーツにイチゴをとてもよく食べていました。イチゴはリーズナブルですし皮をむく必要もなく簡単に食べられるのでお勧めです。また、焼き海苔や大豆にも含まれているようですがダントツで多いのはやはり牛レバーです。葉酸は水に溶けやすい性質らしいので葉野菜はスープにしてお汁ごと食べれる調理方法が効果的です。

もっと簡単にいつでも摂取するには?

健康な赤ちゃんを産むには日頃からの食生活が重要です。偏りなくそれぞれの栄養素をきちんと取れねばなりません。そのうえで葉酸もしっかり摂取したいと思うのがまだ見ぬ赤ちゃんへの愛情ですよね。葉酸がとくに必要な妊娠初期はお腹もさほど出ませんし赤ちゃんの存在ってわかり辛いけれど、自分のおなかに命が宿っている…そう考えると昨日まで普通なのに急に母性がわいてきたのが自分でもびっくりしました。妊娠を希望する女性・妊娠初期の女性には一日0.4㎎の摂取が理想ですが摂りすぎはよくありません。1㎎を上限にしてくださいね。それをふまえた上で簡単に取れる方法はサプリメントです。牛レバー50gで0.5㎎摂取できますが、いちご4粒(50g)で0.045㎎程度しか摂取できません。足りない分はサプリメントで補いましょう。サプリメントって水で飲んだり面倒なのでは?美味しくないのは続かないし…そう思っていましたがラムネを食べているようなおいしい葉酸サプリがありました。水もいらないし手軽に食べられるので仕事の合間に食べたりしていました。妊娠を希望する女性は特に効率よく栄養素をとって元気な赤ちゃんを産んでくださいね。でも栄養とらないと!とあまり神経質にならず楽しんで妊婦生活を送れるようにサプリメントを上手に利用してくださいね。

汗をかきにくい人にも代謝がよくなる効果があります。 整体やマッサージに通っても治らなかった肩コリが治ったなど体験談も多数! 東京の神楽坂サロンでは産後ヨガコースを実施中! 毎日の仕事で疲れた体を癒します。 ヨガ独特の呼吸法は、精神を落ち着かせ、心の安定を保ちます。 オー&ラビエのレッスンが体験できるトライアルコースで、ホットヨガの効果が実感できます。 ホットヨガの体験レッスンを今すぐチェック!