フィンペシアの薬理作用と副作用

フィンペシアは発毛効果や抜け毛予防に効果が高い薬ですが、実際に服用した人の中で副作用が認められた人もいます。これは、医薬品全体に言えることです。薬は痛みや炎症を抑えるために科学的に配合され成分を合成してつくられたものですので、常用すれば多少なりとも副作用が出る場合があります。これはフィンペシアにおいても例外ではありません。副作用の種類としては、性欲減退、勃起不全、精子の減少、動悸、吹き出物、消化不良などの症状がある場合があります。この中でも最も懸念されることは性機能関連の症状です。精力減退や性機能障害に関してはその他の症状に比べて発症率が高いです。しかし、発症率は全体の5%程度で、95%の人は何も問題なく服用することができたという報告があります。発症した5%の更に4割程度が性機能障害が認められ、服用者全体の2%にとどまることがデーターとして出ています。この様なデータから見てもフィンペシアは安全性の高い薬であるといえます。この薬は成年男性に対して処方される薬で女性や未成年への使用が禁止されています。安全性が高いとは言え、劇薬に指定されているため、医師の診断により用法用量を守り正しい服用に心がけましょう。

フィンペシアの副作用

フィンペシアとはジェネリック医薬品と呼ばれる医薬品です。(ジェネリック医薬品とは成分や効果が同じで名前だけが違う医薬品のことです。特許切れの薬を大量生産する為等です)男性型脱毛症治療(抜け毛、脱毛、育毛)に対し非常に高い効果があると言われています。しかしこの医薬品の副作用が怖くて服用をためらっている方もいらっしゃる様ですが、この発症率は2~5%と言われていて症状の軽いものがほとんどです。このフィンペシアの副作用として挙げられるのは精力や性欲の減退、性機能障害、頭痛、頻尿、下痢、眠気他などが報告されています。その中でも性機能関連で勃起不全、睾丸の痛み、性欲の減退、精子の減少などが多く報告され、1~2%の人が症状を訴えていますが、通常は軽度の症状で済んでいるようです。しかし、フィンペシアは性欲をコントロールするテストステロンに直接作用するもでは無い為、性欲減退などの作用は理論上起こらないことになっています。副作用自体が全く無い薬というのはこの世にまだ誕生していませんのでどの薬を飲んでもあります。風邪薬を飲んで眠くなったというのも同じことです。もっと言ってしまえば漢方にもあります。薬は用途を守って正しく使用してください。